救急指定病院/基幹型臨床研修病院/DPC対象病院

医療法人社団高邦会 高木病院

診療科・センター

麻酔科

安全で高度な手術が受けられるよう患者様をサポートしています

麻酔科医の主な役割は、患者様が無事に手術を受けられるようにすることです。手術では痛みや不安など大きなストレスが身体に加わることで、今度は心臓や脳などの重要な臓器の状態が悪くなるという場合もあります。麻酔科医はお一人おひとりの状態に合わせてストレスを和らげ、安全に手術を受けられるようサポートしています。
またその知識や技術を応用して、痛みの治療(ペインクリニック)や、末期がんの方に質の高い生活を過ごしていただくお手伝い(緩和ケア)など手術以外の分野にも関わっています。 もう一つの重要な仕事は、患者様が早く適切なタイミングで手術を受けられるようにするマネジメントです。高木病院の手術室は8室で2020年度は1,982例の手術が行われました。近隣の病院のご紹介や救急搬送直後の手術など急を要するものも多く、地域医療における当院の役割を支えている診療科です。

手術を受けられる患者様へお願い

現代医学の進歩はめざましく、内視鏡手術や血管内治療など以前は想像できなかったような、より身体に負担が少ない形での治療を行うことが可能となっています。このような先進的な医療を事故なく行うには、特殊な器械や専門知識を持つ医療スタッフが必要で、当院でも麻酔科医、看護師、臨床工学技士、放射線技師、検査技師など多職種が協力して、患者様の安全や外科医のスムーズな手術をサポートしています。
ただ、限られた手術室や器械・マンパワーを活用し、多くの患者様に安全で高度な手術を受けていただくためには、効率よく手術室を運営しなければなりません。新型コロナウイルス感染症等、感染症への配慮も必要です。人・物の不足や感染症の影響で手術が手遅れになるような事態は、何としても避けなければなりません。 そのために、手術を受けられる患者様やご家族の方にお願いがあります。
ご自身(ご家族)の持病や飲んでいる薬などを日頃からよく理解して、入院・手術の時には医療スタッフへ正確にお伝えください。それは手術でのトラブルを防いで生命を守り、追加治療に苦しまずにすむための第一歩となります。
順調な経過で早く退院することは、次の患者様が早く手術を受けられることにもつながります。地域のすべての患者様の健康を守るため、皆様のご協力をぜひともよろしくお願いいたします。
手術部長・麻酔科部長 髙松千洋

専門医が痛みの相談に応じます「痛みの相談室」

長い間つらい痛みに悩んでいる方、痛みの原因がわからず困っている方、いろいろな痛みの治療を受けたけれどなかなか治らない方、痛みのために生活や学業や仕事が大きく障害されている方、「痛みの相談室」では、麻酔科の専門医がそんな方たちの痛みの相談に応じます。

対象疾患

慢性痛、神経障害性疼痛(帯状疱疹後神経痛や脳卒中後の遷延痛など)、がん性疼痛、その他厄介な痛み

どんなことをしているの?

  • 痛みについての相談と指導
  • 薬物治療の選択と処方
    患者様の症状にあったお薬を処方します
  • 東洋医学的アプローチ
    漢方薬、遠絡療法、鍼(はり)など東洋医学的に痛みにアプローチします
  • その他の多面的アプローチ
    ストレッチ、理学療法、養生などを行います
診療日時 <痛みの相談室> 
診療時間(完全予約制) 火曜日 9:00~12:00
代表番号
TEL.0944-87-0001
診療日 月曜日~土曜日
外来受付時間
8:00~12:30/13:30~16:30