救急指定病院/基幹型臨床研修病院/DPC対象病院

医療法人社団高邦会 高木病院

病院紹介

病院長挨拶

Message

住民一人ひとりの生命に寄り添い、信頼される医療の実現に取り組んでいます。

医療法人社団高邦会 高木病院

病院長外 須美夫

高木病院は、筑後川下流域の大川市に位置し、大川・柳川地区をはじめとする筑後広域と佐賀県南東部広域の住民の命を守る中核医療機関として、安全で安心な、質の高い医療の提供に努めています。

明治43年開院の高木眼科医院(院長:高木吉彦)を端緒とし、高木外科医院(院長:高木維彦)を経て、昭和43年に当院が開設されました。その後、地域住民の医療ニーズの高まりに応えるべく、病棟を逐次増築し、病床の飛躍的拡張を達成してきました。昭和61年に医療法人社団高邦会が設立されましたが、高木病院は高邦会の基幹病院として、すべての診療科を有する365日24時間の救急医療体制を構築するとともに、高度で先進的な医療の導入・推進にも力を注いできました。

この間、高木邦格理事長のもと、関連施設として病院(柳川リハビリテーション病院、柳川療育センター、福岡山王病院、福岡中央病院、みずま高邦会病院など)や介護施設(水郷苑、木もれ日苑など)が新設され、さらには関連教育機関として、わが国で最初の医療福祉の総合大学である国際医療福祉大学が栃木県大田原市に設立されました。最近では成田市に医学部(平成29年)が、大川市に福岡薬学部(令和2年)が設立され、高木病院でも医学部生を含め医療福祉を学ぶ多くの学生実習が行われます。

高木病院は、関連施設との連携を最大限に生かし、幅広い診療と教育・研究を連動した総合的な医療の提供を行っています。病気の予防から早期発見、最新の治療、そして治療後の専門的サポートまで、包括的な医療の提供に努めています。また、不妊治療、小児医療から超高齢者医療まで、生活習慣病から難病まで、けがや骨折から高度集中治療まで、がんに対する手術・放射線・化学療法から緩和医療まで、あらゆる疾患の病期に応じた最新・最善の全人的な医療の提供を目指しています。

私たちは、高邦会の「生命の尊厳」、「生命の平等」の理念を常に心におき、職員一丸となってあるべき医療に向き合っています。滔々と流れる筑後川流域周辺の、住民一人ひとりの生命に寄り添い、信頼される医療の実現に取り組んでいます。
代表番号
TEL.0944-87-0001
診療日 月曜日~土曜日
外来受付時間
8:00~12:30/13:30~16:30