高木病院 臨床研修医募集
メッセージ
病院長より

当院は大川市に位置し、周辺の柳川市、久留米市南部、佐賀市南部、三潴郡を含む広域の救急医療を一手に担う地域の中核病院です。総合病院として二次救急医療に必要な診療科を網羅し、年間2,500台以上の救急対応を行うほか、消化器系・呼吸器系・泌尿器系などの悪性腫瘍への取り組み、成人生活習慣病の管理と2次予防、老人医療など、それぞれの分野で先進的な医療を展開していますので、急性期・亜急性期・慢性期・在宅医療・予防医学にわたったバランスのよい研修を行うことができます。特に、救急外来研修は好評で、優れた指導医と一緒に診療を行いながら、幅広い急性期疾患の初期対応について経験を積むことができ、先輩研修医の皆さんに好評です。また、当院には本邦屈指の充実度を誇るシュミレーションセンターを併設しており、研修医の手技修得にきっと役立つと思います。研修先を検討している皆さんの見学をお待ちしています。



臨床研修委員長より

「いろんな症例を診て、たくさんの技術を身につけ、しっかりと学びたい」そう思っていらっしゃる医学生の皆さん、地域に根ざした救急指定病院である高木病院は、風邪やけがなどcommon diseaseから悪性腫瘍まで、幅広い疾患に出会える基幹型臨床研修指定病院です。
若い世代の皆さんにとって、社会人となった初めの2~3年という期間はとても大切だと思います。たくさんのことを吸収できる貴重な期間です。そんな貴重な2年間の初期臨床研修を、ぜひ高木病院に委ねてみませんか。皆さんの気持ちに寄りそった個別のプログラムをつくります。皆さんの未来予想図を私たちと一緒に描いていきましょう。さらに専攻医(後期研修医)として日本専門医機構による専門医を取得するための方法を一緒に考えていきましょう。内科は基幹病院を申請しました。他科も連携施設として大学病院をはじめ、たくさんの病院と連携した専攻医のプログラムを持っています。希望の病院と連携しながら高木病院で専門医を取得できます。皆さんの目標や希望、ペースに合った専攻医のプログラムを考えていきます。初期臨床研修の充実だけでなく、専攻医の専門医取得・キャリアアップに関しても必ずサポートできる病院です。
たくさんの指導医が皆さんをしっかりと育てたいと待っています。2年目の研修医の先輩たちも、自分が1年目の時に優しく先輩に接してもらったように後輩をサポートしたいと、皆さんを心待ちにしています。アットホームな雰囲気の研修委員会の中で、楽しくしっかりと学べる初期臨床研修の2年間、さらにその後の専攻医としての楽しい充実した研修の期間を皆さんと共にしたいと思っています。
どうぞ気軽に見学にいらしてください。全体の見学、希望の科に特化した見学、救急当直体験など、希望に応じた見学が可能です。初期臨床研修の見学だけでなく、専攻医希望の初期臨床研修医の先生方の見学も大歓迎です。必ず高木病院の良さを見て感じていただけると信じています。
一緒に学んでいきましょう。一緒に未来予想図を描いていきましょう。必ず私たちがサポートします。4月、桜の花咲く頃、皆さんをお待ちしています。



研修医の声
平成29年度入職研修医(熊本大学医学部卒)
高木病院は大川・柳川・佐賀の一部をカバーする地域の中核病院です。普段の各科の研修に加え、当直では外来や救急車対応を行うことで様々な症例を経験し、実践的な知識と経験を身に着けることができます。特に地域中核病院ならではのcommon diseaseは常に触れることができます。当病院で特筆すべきは当直で、外来・救急車のfirst touchは研修医が行います。当直では風邪や腸炎から心筋梗塞や腸閉塞まで、時には救急車で、時には歩いて外来にいらっしゃるため、必死で学び、考えて診療を行うという状況で研修を行うことができます。困ったことがあれば常に上級医にバックアップを行っていただけるため安心して診療を行うことができます。
交通の便が悪いところが玉に瑕ですが、興味があればぜひ一度見学に来てみてください。
平成29年度入職研修医(宮崎大学医学部卒)
私が高木病院を研修先に選んだ理由は、内科系の診療科が多彩であることと、当直で common diseaseに多く触れられること、そして産婦人科領域で不妊治療に力をいれていることです。特に将来の専門科として産婦人科を考えている方に伝えたいのが、当病院ほどに不妊治療について学べる研修先は全国的に見ても少ないということです。大学で学ぶ一般的な産婦人科診療とは違った視点から女性医学に携わることができます。ぜひ一度見学に来てみてください。お待ちしています。
平成29年度入職研修医(佐賀大学医学部卒)
高木病院を研修先として希望した理由は研修医の人数が多すぎず少なすぎないところと、common diseaseを診断の段階から治療まで関わることができるところ、当直で緊急度の高い疾患を除外する訓練ができるところです。また、当直以外の日はしっかりと休む時間や勉強する時間が確保できるのもいいところだと思います。将来どの診療科に進むことになっても必要となる技術をこの病院では学ぶことができると思います。興味があれば、まずは見学に来てみてください。
平成29年度入職研修医(佐賀大学医学部卒)
高木病院は、大川市を中心に周辺地域の中核病院としても役割を担っています。私は、そんな市中病院ならではの豊富かつ実践的な症例を経験したいと思い高木病院を志望しました。各科の研修では、診療科の先生方について専門的な診察法や治療法を学びます。
当直では、診察・診断から治療までを自身で考えることを求められ、当直上級医からのフィードバックもあるため、より実践的な臨床力が養えると思います。正直なところ、当直はかなり大変に感じると思います。しかし、研修医時代にprimary careについて学びたい方にとってはうってつけではないでしょうか。病院見学の際に当直体験もできるので、まずは気軽に見学に来てみてください。
平成29年度入職研修医(佐賀大学医学部卒)
私が初期研修先に高木病院を選んだのは、地域の中核病院として機能し、軽症から重症まで幅広い疾患を経験できることに魅力を感じたからです。
問診や身体診察から、必要な検査、診断、治療方針、そして退院後のフォローという一連の流れを、まずは研修医が自ら考え判断する機会を与えて頂けます。そしてそれに対する上級医からのフィードバックを受けることができるので、新たな課題も見つかり次に繋げることができます。また他科との垣根が低いので上級医へも相談しやすく、ローテート先ではない科の処置や手技に呼んでもらうこともできます。当直帯では、研修医がファーストタッチを任され、実践的な経験を積むことができます。
様々な症例に恵まれ、日々新しい発見の連続で、大変充実した研修生活を送ることが出来ています。当直体験もできますので、気軽に見学に来てみてください。
平成29年度入職研修医(佐賀大学医学部卒)
私はマイナー科に進もうと決めていたので、初期研修で一般的な疾患の初期対応を学びたいと思っていました。高木病院では、当直で内科・外科の初期対応を研修医が行うため自分が身に着けたいスキルが得られると考え研修先に選びました。実際に選んでみた感想としては、軽症から重症の幅広い患者を診ることができており、自分の考えていた研修を行えていると思います。また、比較的on-offがはっきりしているので一つ一つの症例をフィードバックする時間も取れます。有意義な研修を行えるので、興味のある方は一度見学に来てみてください。