救急指定病院/基幹型臨床研修病院/DPC対象病院

医療法人社団高邦会 高木病院

診療科・センター

不妊センター

培養室

胚培養士が大切な卵を見守っています

当院不妊センターの培養室ではエンブリオロジスト(胚培養士)が患者様の大切な卵・精子をお預かりして、受精のお手伝いや受精卵(胚)の発育を見守り、おなかの中に戻すまでの間のお世話をしています。
直接患者様の対応をする医師や看護師と連携して、体外受精や顕微授精などの高度な技術を行うエンブリオロジストには、高度な技術と知識が要求されます。
当センターのエンブリオロジストは半数以上が日本卵子学会の認定する生殖補助医療胚培養士の資格を取得しています。
また、学会等にも参加・研究発表も行うなど、日々新しくなる技術や情報の収集も積極的に行い、最新の医療技術を安全に患者さまへ提供できるよう日々励んでいます。

胚に優しい培養環境

体外受精は、卵巣から卵を取り出し受精させ、からだの外で培養します。胚は体内と同じ環境が大切。胚の培養は、温度・湿度・酸素・二酸化炭素などが一定に保たれた培養器にて行います。当センターでは、より胚にやさしい環境づくりをめざし、高性能新型培養器「エンブリオスコープ™」を導入しました。
新型培養器「エンブリオスコープ™」

高性能カメラが内蔵されている培養器を当院では全症例に採用しています。受精卵を培養器から出さずに、体内と同等の環境を維持したまま観察することで、より良好な胚を育てることが可能になり、さらなる妊娠率の向上が期待できます。

  • エンブリオスコープ™専用モニターで胚を観察。より良好な胚を育てることが可能に

サポート体制

不妊検査・治療への理解を深めて、不安や心配の軽減をしていただくため、不妊症看護認定看護師や体外受精コーディネーター、臨床心理士など専任スタッフが対応する、サポート体制を整えています。気になる事などありましたら、お気軽にご相談ください。
※全て完全予約制

説明外来(無料)

体外受精コーディネーターが検査・治療内容や成績、当センターでの取り組み、費用など個別に分かりやすく説明いたします。当院にご通院の患者様が対象です。

不妊相談

不妊症看護認定看護師が、受診・治療に関するさまざまなご相談や生活習慣の保健指導について、個別相談を行っています(要予約)。

  • 日時:月~土曜日 15時~16時(1時間)
  • 料金:1,000円 ※当センターで治療中の患者様は無料です

カウンセリング

治療中の不安や心配事、「治療との上手な向き合い方」など、生殖心理カウンセラーが対応します。

こうのとりの会(無料)

月1回説明会と個別相談を行っています。どなたでも受講可能です。

お問い合わせ・予約

高木病院 産婦人科 予約専用ダイヤル

TEL:0944-87-0068
(電話受付 10:00~12:00、14:00~16:00)※日・祝日除く
代表番号
TEL.0944-87-0001
診療日 月曜日~土曜日
外来受付時間
8:00~12:30/13:30~16:30