高木病院 臨床研修医募集
臨床研修プログラムの概要・研修スケジュール
プログラムの特色

急性期疾患から慢性期疾患、在宅医療、健診・予防医学に至るまで、医療・福祉の全てを網羅した研修プログラムとした。また、研修医の希望により、グループ内の九州関内の施設はもちろんのこと、関東・東海地区の各施設で特色を生かした研修が行えるように相互協力体制を組んでいる。

研修目標

多科ローテイト方式による臨床研修により、各科に特徴的な診断学、治療学を広く学び、プライマリーケアに必要な知識と技術を習得する。同時に、各科の専門的医療の役割についても認識を深め、臨床医学の全体像を把握する。患者の様々な訴えに対し広く共感できる感性をもち、全人的な医療を行える医師としての基礎をつくることを研修の目標とする。

研修計画
  1. 内科(一般内科・専門内科[循環器科・消化器])、救急部門、外科、地域医療を基本診療科とし、外科部門(外科・整形外科・脳神経外科)、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科を必修科とする。また、選択科については、内容を①②に分け、①については基本診療科または必修科の中から選択できるものとし、②についてはプログラムに定める全ての診療科から選択できるものとする。
  2. 研修計画については、年度毎に、臨床研修委員会にて定める計画に即したローテーションを基本とするが、ローテーションスケジュールの変更がある場合については、研修医の要望に応じ、臨床研修委員長の確認のもとに、変更が可能であれば、希望を受け入れることができるものとする。その場合、計画の変更内容に無理がない範囲内での変更を基本とする。
  3. 研修医の日・当直に関しては、救急部門研修の一環として、2年間通年で従事する。原則、研修1年目においては副直、2年目においては主直となるが、日・当直帯においては、内科・外科・小児科の指導医または上級医も研修医と共に従事し、研修医への必要な指導等を行っていく。尚、精神科ローテーションの際の当直においては、研修施設指示に従うものとする。
研修委員(プログラム責任者)の役割
  1. 研修管理委員は、各診療科の臨床研修プログラムにそって研修がスムーズに行えるよう研修医を見守り、適切な指導を行う。
  2. 指導医とともに研修内容を点検し、同時に、病院の医療の質を維持する。特に患者家族との信頼関係やコメディカルとの連携に障害が起こらないように配慮する。プログラム責任者: 山内 豊明(高木病院 整形外科部長)
指導体制
  1. 各科の部長(=研修責任者)は、有意義な研修が行われるための責任をもつとともに、研修医の行う診療についても最終的な責任を負う。
  2. 担当の指導医は、研修プログラムに基づき研修医の指導を行う。また、研修医に対する評価を行い、各科の部長に報告する。
  3. 研修医の指導は、基本的に指導医と研修医のマンツーマン体制とし、実際の診療・手技等を研修医に実施させる場合は、指導医の監視下の基に実施し、事故等が発生しないように、十分な配慮を持って指導する。
  4. 定期的な研修管理委員会(年12回)を開催し、研修医の研修状況把握に努め、対応を協議する。
研修の記録および評価方法
  1. 研修内容は、4段階方式で評価され、研修医自身と指導医によりそれぞれの評価を行う。
  2. 研修内容の項目は、必ず目標に到達すべきもの、習得過程にあればよいもの、体験的なのもの等を含み、目標の達成については、総合的に評価される。
  3. 研修管理委員会は、最終的な研修の達成度について評価を行う。
  4. 病院長(研修実施責任者)・臨床研修管理委員長は、研修管理委員会が行う研修医の評価の結果をうけて、研修修了証を交付する。
研修施設群

高木病院臨床研修病院群は、医療法人社団高邦会高木病院を基幹型臨床研修病院とし、協力型臨床研修病院を柳川リハビリテーション病院、柳川療育センター、福岡山王病院、筑水会病院、甲斐病院、山王病院、国際医療福祉大学三田病院、国際医療福祉大学熱海病院、国際医療福祉大学病院とする。また、臨床研修協力施設を、みずま高邦会病院、有明クリニック、介護老人保健施設水郷苑とする。各診療科における研修は、原則、次の通りとする。

基本診察料
  • 内科・・・高木病院
  • 地域医療・・・柳川リハビリテーション病院、有明クリニック
  • 救急部門・・・高木病院
必修科
  • 外科部門(外科・整形外科・脳神経外科)・・・高木病院
  • 麻酔科・・・高木病院、福岡山王病院
  • 小児科・・・高木病院・柳川療育センター、福岡山王病院
  • 産婦人科・・・高木病院、福岡山王病院、山王病院、国際医療福祉大学病院
  • 精神科・・・筑水会病院、甲斐病院
選択肢①

上記、基本診療科・必修科の中から選択できるものとする。

選択肢②

基本診療科・必修科を含む本プログラムに定める全ての診療科を対象とし、上記 臨床研修病院群の中で対応可能な診療科について選択できるものとする。
※必修科および選択科目に定める施設の選定は、原則、基幹型臨床研修病院が年度初めに指定する施設へのローテーションを基本とするが、研修医からの研修施設変更の要望があった場合は、必要に応じて臨床研修委員長等と対応の可否を協議の上決定する。

研修の期間割の例

24年度からの研修スケジュールの基本形

※研修については、研修医の希望に対し、臨床研修委員委員長の協議の上、協力型臨床研修病院である、柳川リハビリテーション病院・福岡山王病院・柳川療育センター・山王病院・国際医療福祉大学三田病院・国際医療福祉大学熱海病院・国際医療福祉大学病院での研修を組み入れることも可能。研修協力施設のみずま高邦会病院・有明クリニック・介護老人保健施設水郷苑での研修を組み入れることも可能。


基本診療科
  • 内科/6ヶ月 (一般内科4ヶ月+消化器内科1ヶ月+循環器内科1ヶ月)
  • 救急部門/1ヶ月 ※但し、2年間通年で日・当直業務を救急研修の一環と位置付ける
  • 地域医療/1ヶ月 (柳川リハビリテーション病院または、有明クリニックの選択制とする)

必修科
  • 外科部門/3ヶ月 (外科・整形外科・脳神経外科から1科目以上の選択制とする)
  • 麻酔科/2ヶ月
  • 小児科/1ヶ月
  • 産婦人科/1ヶ月
  • 精神科/2ヶ月 (甲斐病院または、筑水会病院いずれかで研修を実施する)
  • ※精神科については、研修期間を原則、2ヶ月と定めるが、研修医より1ヶ月の要望があった場合は、
    臨床研修委員長が研修医の希望内容を勘案し、対応必要と認めた場合において期間1ヶ月を認める。
    但し、期間1ヶ月の対応ができる協力型臨床研修病院は、筑水会病院となる。


選択科①
  • 3ヶ月 (基本診療科・必修科の中から選択できるものとする)

選択科②
  • 4ヶ月 (プログラムに定める全ての診療科から選択できるものとする)
  • 選択科の研修期間は、原則1ヶ月をベース期間として選択すること。

内科全般[内分泌・代謝・糖尿病、肝臓、呼吸器、消化器、神経、循環器、アレルギー・膠原病、腎臓、心療、血液]、外科、整形外科、
脳神経外科、救急部門、小児科、産婦人科、精神科(甲斐病院のみ)、地域医療(リハビリテーション医療:柳川リハビリテーション病院、
在宅医療:有明クリニック)、皮膚科、泌尿器科、眼科、放射線科、麻酔科、形成外科、臨床病理、産業健診、歯科口腔外科

プログラムを定める診療科