臨床病理
臨床病理

【研修目的】
1. 臨床病理学は、基礎医学的要素を有するものの、その診断は臨床に直結しており、EBMの重要な要素であります。さらに各種疾患の予防、早期発見、治療、予後のすべてに関与する重要な情報を提供しています。病理医と臨床医とは、お互いに情報の送り手であり、かつ受取手でもありますが、より円滑な情報伝達のために、臨床研修の一環として、臨床病理の実践の場を踏むことは極めて有意義であると思います。

 

2. 臨床病理の診断では、各症例は探求的な検査の対象であり、また研究の対象でもあります。探求心と研究心なくしては、正確な診断や知識の蓄積はできないと言えます。毎日が、検体のみならず、患者の臨床情報、臨床規約、文献との戦いであり、これらを総合して臨床医に情報提供を行います。探求心と研究心に溢れた臨床医としての研修を行い、日進月歩する医療を担う医師として成長してほしいと思います。


【研修内容】

1)CPC(臨床病理検討会):内視鏡所見、画像の解析、臨床検査dataの解析等
  肉眼所見、細胞珍所見、組織所見との対比から画像の理解度を増す等

  1.剖検例検討会:検討会後研修医による報告書の作成
  2.外科手術症例、術前、術後の検討会
  3.内科疾患
     血液疾患:貧血、白血病、リンパ腫、出血傾向 等
     未血および骨髄smear像、
     臨床検査data解析、
     骨髄組織像の理解 
     呼吸器疾患:
     喀痰、胸水等のsmear所見、
     生検組織所見の理解。
     消化器疾患:生検、EMR組織所見と内視鏡所見、画像所見との対比等
     肝臓、腫瘍、組織所見の理解、画像との対比等
     その他、下記1)9に順ずる

  4・婦人科疾患
     子宮頸部、内膜のsmear所見、組織所見の理解、臨床所見との対比など

  5・泌尿器科疾患
     尿路の尿細胞診所見、組織所見の理解、画像との対比など
     腎腫瘍の細胞所見、組織所見の理解と画像との対比など
  
  6.脳外科疾患( 腫瘍、血管障害 など )
     剖検例脳、CTに沿った切り出し、対比による全体像の把握など
     肉眼、組織像と画像との対比
 
  7・皮膚科疾患
     組織診断症例の組織所見、肉眼所見の対比、臨床検査dataの検討など
  8・整形、形成外科疾患
     組織所見、肉眼所見、画像の対比、臨床検査dataの検討など
  9・眼科他各科
     組織細胞診断症例の組織細胞像と画像の対比、臨床dataの検討など
  10・小児科
     上記各診療科の分類に準じて、検討会を開くなど

 

2)病理実習〔病理検査室、検鏡室、病理解剖室〕    
  1・ 各科典型癌例の顕微鏡所見の実習
  2・ 各科病理診断取り扱い規約、
     細胞診断基準の理解 
  3. 日常の組織切り出し、
     肉眼写真撮影、切り出し図の作製 
  4. 組織像の検鏡、所見、診断書の作成
     鑑別診断に必要な特殊染色、免疫染色、
     他、遺伝子解析などのorder等
  5. 術中迅速標本への対応
  6. 病理診断における問題点の把握
     a. 腫瘍診断におけるデジタルなClass分類の適応の限界の理解
     b. 年齢、術後QOLを考慮した場合の病理診断の問題点
     c. 難解症例の取り扱い方、対処の仕方
     d. Second opinion要請の適応、Second opinionへの対応 
  7. 剖検実習
     a. 剖検助手、執刀の実習
     b. 肉眼所見の記載、肉眼診断 
     c. 組織切り出し、検鏡、特染
     d. 組織診断、主病変、死因
     e. 剖検報告書の作成
     f. CPCでの報告
  8. 文献検索
  9. 学会発表、論文作製
  10. 研究課題、
     各診療科、各臓器別に選択
     炎症、腫瘍、循環障害、代謝異常、脳神経疾患等、総論から各輸まで
   A. 前癌病変の認識。
   B. 悪性腫瘍珍断のEvidenceとなる方法論の知識
     特殊染色、各種免疫染色、腫瘍関連遭伝子産物、
     RAS,P53等、リンパ系CDシリーズなど
     染色体分析、遺伝子解析 
   C. 各種感染症に対する知識、症例検討、文献検索 
   D. 循環器障害への知識、( 心血管、腎、脳など ) 
   E. 糖尿病 他内分泌障害の知識習得 
   F. その他、病理学総論、各論の各分野の知識の習得 


【学会】
1. 日本病理学会
2. 日本臨床細胞学会
3. 日本臨床検査専門医会
4. 日本臨床血液学会
5. 日本臨床電子顕微鏡学会
6. 日本消化器病学会
7. 日本消化器癌発生学会
8. 癌治療学会