在宅医療
在宅医療

在宅医療では訪問診察や訪問看護等の在宅サービスを通して、在宅医療の総合的な理解を深める事ができます。症例数も多く管理患者には、末期悪性腫瘍患者や筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、脊髄小脳変性症などの神経難病の患者なども含まれています。また、在宅酸素、在宅人工呼吸器、在宅中心静脈栄養、在宅経管栄養なども積極的に行っており、在宅医療と介護に関する包括的な理解とマネージメントを身につけることができます。


【研修目的】

各種の介護サービス、医療保健施設と連携しながら、QOLを重視した患者、家族のための医療を考え、生活環境の中で医療がどうあるべきかを学ぶ。


【研修内容】

有明クリニックをメインに研修を行う。可能であれば、各種の介護サービス事業所や、施設での医療現場を体験する。

    1. 老年症候郡の病態を理解し高齢者総合評価に基づいた医療プランをたてる
    2. 廃用性症候群の予防と指導を行う
    3. ADLの評価と在宅リハビリテーションの指導
    4. 摂食、嚥下障害の指導、栄養管理
    5. 認知症の診断・治療および問題行動への対応ができる
    6. 家族に対する心理社会的な理解と援助
    7. 患者とのコミニュケーション
    8. ヘルパー、看護師、理学療法士などとのチーム医療をリードす
    9. 人間の尊厳を考えたターミナルケアを行う
    10. 各種の在宅サービスや医療機関との連携を取ることができ
    11. 介護保険の仕組みを理解し、主治医意見書の作成ができる
    12. 在宅中心静脈栄養、在宅成分栄養経管栄養法を指導す
    13. 在宅持続陽圧呼吸療法、在宅人工呼吸、在宅酸素療法を指導する
    14. 在宅自己疼痛管理の指導

【各施設の概要・特色】

A. 有明クリニック

有明クリニックは在宅専門の無床診療所です。平成15年3月末での管理件数は、医師2名で120件です。多くは、脳血管障害、痴呆、整形外科疾患ですが、悪性腫瘍の緩和ケアや神経難病のケアも行っており、さらに熱発・誤嚥・意識障害・転倒事故・臨終等の緊急往診依頼を受けることもあります。これまでの症例では、末期悪性腫瘍18例(在宅死2例)、筋萎縮性側索硬化症と類縁疾患4例、多発性硬化症2例、精髄小脳変性症2例などがあり、その中には在宅酸素8例、在宅人工呼吸管理1例、在宅中心静脈栄養4例、在宅経管栄養5例などを含んでいます。当院は、グループ内に在宅関連のサービス事業所を多数有しているため、包括的な在宅医療と介護についての研修を行うことができます。

B. 介護老人保健施設水郷苑

介護老人保健施設は病院と家庭の中間施設として位置付けられています。水郷苑は平成5年9月に新設されました。療養棟は100床(2階療養棟48床、3階療養棟52床)。通所リハの定員は25名です。
 療養者の方の平均年齢は85歳(男性81歳、女性86歳)、要介護度は3.1です。水郷苑入所中の療養とリハビリテーションを通じて体力を回復し、元のご家庭に復帰して頂くことを最終目標にしています。

C. その他の関連介護事業所・施設

以下の介護サービスの種類と業務の内容を,実際の現場を体験する。

    1. 居宅支援事業所:有明総合ケアセンター・おおかわ総合ケアセンター
    2. 訪問看護:やながわ訪問看護ステーション,おおかわ訪問看護ステーション
    3. 訪問介護(ヘルパー):有明ヘルパーステーション
    4. 通所リハビリテーション(デイケア):高木病院デイケアセンター,柳川リハビリテーション病院デイケアセンター,水郷苑デイケアセンター,みずま通所リハビリテーションセンター
    5. 通所介護(デイサービス):有明デイサービスセンター,高邦会デイサービスセンター
    6. 介護型共同住宅(グループホーム):グループホーム大川

【回診, カンファレンス】
有明クリニック

訪問看護ステーションとのカンファレンス:第3月曜日12:30~
サービス事業所担当者会議(各介護サービス代表者とのカンファレンス)
第1・3水曜日17:00~

介護老人保健施設水郷苑

第1水・第2火・第3水・第4火 2階療養棟・3階療養棟回診
毎週  金曜日 ケア・カンファレンス

【学会および認定教育施設】

有明クリニック 在宅医療学会
介護老人保健施設水郷苑 全国介護老人保健施設大会
                   (平成14年度福岡 平成15年度北海道)

【週間スケジュール】

有明クリニック

月~土まで午前午後とも訪問診療.
月曜日12:30~ 学習会

介護老人保健施設水郷苑

月曜日~土曜日 発熱など医学的問題がある療養者の診察・処置
月曜日~木曜日 毎週10例程度の療養者の3ケ月判定の為の診察
毎週  金曜日 ケア・カンフアレンス(上記3ケ月判定療養者について)
第1水・第2火・第3水・第4火 療養棟回診
毎月第1火曜日 感染症対策委員会
毎月第3金曜日 危機管理委員会


療養型病院 みずま高邦会病院


【研修目的】
 療養型病院は急性期医療から在宅療養への過渡期の医療を担っており高齢者や障害者が対象となる。在宅療養に向けて医師をリーダーとする看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー等によるチーム医療が必要となる。それ故、医師は患者や家族の社会的状況に配慮し、総合的に診療するのみならず、機能回復訓練(リハビリ)や介護サービスにも精通しなければならない。


【研修内容】
 みずま高邦会病院で研修を行う。併設のみずま通所リハビリテーションセンターで介護サービスの現場を体験する。

1.高齢者とよくコミュニケーションがとれる
2. 日常生活自立度(傷害老人、痴呆性老人)の判定ができる 
3. リハビリ目標の設定ができ、今後の方向性を指導する   
4.誤嚥の対策と治療ができる     
5.経管栄養の実際とリスクを理解する    
6.排尿、排便のコントロールができる  
7.褥瘡の治療ができる      
8.痴呆患者の対応ができる       
9.介護保険の主治医意見書が書ける   
10.通所リハビリの実際を経験する   
11.在宅改修の家屋調査に参加する   
【回診】
リハビリ回診  月曜 15:30~