皮膚科
皮膚科

湿疹、アトピー性皮膚炎(外用療法、スキンケア)などプライマリーケアで重要な疾患にたいして、個人個人の病状に応じたきめ細かい治療を行い、患者の満足が得られることを目標にしている。


【研修目的】
一般的な皮膚疾患について、病歴、皮膚病変を表現し、検査および治療を行えることを目標とする


【研修内容】
a. 現症の形態学的観察と記載法
b. 主な皮膚疾患の病理組織学的診断
c. 真菌の直接鏡検
d. 皮膚生検
e. 膿瘍の切開排膿
f. 局所麻酔下での皮膚腫瘍(粉瘤など)の摘出と術後管理
g. 局所外用治療(特にステロイド外用剤の使用法)の修得
h. 全身療法

(疾患別)
1.湿疹、皮膚炎、蕁麻疹
 アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎などの診断、治療について、適切に行う。
 原因検索のためのパッチテストの手技や血液検査などでアレルギーの有無の評価について理解する。

2.薬疹、中毒疹
 診断、治療を学び、臨床経過を評価できるようになる。薬剤の副作用や相互作用など知識をとりいれる。
3.褥瘡
 ステ-ジの評価、感染症、外用剤の選択、予防を研修する。
4.熱傷
 プライマリーケアとして重症度の判定、全身管理、外用治療および手術について修得する。
5.感染症
 細菌感染症の重症度の判定、適切な抗生剤の使用法を学ぶ。
 真菌症の検査法と抗真菌剤の使用法を理解し、適切に処方する。

6.腫瘍(良性、悪性)
 臨床診断、および病理組織について、検討し、治療を研修する。
7.動物性皮膚疾患
 疥癬、シラミ症についてその伝播様式、治療、予防について学習する。