【内科】血液
【内科】血液

現在は、血液内科の常勤医は1名であるが、血液疾患の患者さんは多数来院され、佐賀大学医学部血液内科の非常勤医師2名により、主に外来での化学療法、輸血療法などの診療を行っている。骨髄、末梢血液像の診断については、当院の病理部で専門の医師による診断が可能であり、研修についても、当院病理部と佐賀大学医学部血液グループの協力、連携にて行われる。当院は、無菌室を2床備え、将来大量化学療法、造血幹細胞移植を行える能力を持った施設であり、将来的には重症血液疾患の管理を行うことが期待されている。


【研修目的】
血液学の基本を身につけ、血液疾患のプライマリーケアーを習得する。


【研修内容】
1.末梢血の塗抹標本を作成し検鏡する
2.血液疾患患者の問診、理学所見を的確に行える
3.リンパ節腫大をきたす患者の鑑別診断ができる
4.骨髄穿刺を行い骨髄像を観察する
5.貧血の鑑別診断を行うことができる
6.再生不良性貧血の診断、治療が行える
7.骨髄異形性症候群の診断、治療が行える
8.輸血の適応と副作用、不適合輸血にたいする対策を学ぶ
9.血小板減少症の鑑別診断
10.顆粒球減少症時の適切な対応
11.出血傾向の鑑別診断を行う
12.血友病の診断と治療
13.DICの診断と治療を行う
14.急性白血病の診断治療
15.慢性白血病の診断治療
16.悪性リンパ腫の診断治療
17.超大量化学療法および造血幹細胞移植のプロセスが理解できる
18.日和見感染症の予防と治療
19.後天性免疫不全症候群の診断と治療
20.免疫グロブリン異常、多発性骨髄腫の診断と治療
21.抗癌剤の投与法、血管外漏出時の対応
22.血液疾患のインフォームドコンセント   


【週間スケジュール】
毎週火曜、金曜日  血液専門外来                           


【学会】
日本血液学会


【研究会】
佐賀ブルートアーベント(年2回開催)
佐賀造血幹細胞移植フォーラム
血液懇話会(佐賀大学医学部、佐賀県立病院、唐津赤十字病院との合同カンファランス)