医療法人社団 高邦会 高木病院    
交通アクセス お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ HOME
高木病院について ご来院の方へ 診療のご案内 医療関係の方へ

【循環器センター】胸部ステントグラフト実施施設に認定されました

2016年 1月13日 / お知らせ

胸部ステントグラフト実施施設に認定されました。ステントグラフトの詳細はこちらです。

大動脈瘤とは、動脈硬化などで弱くなった大動脈の一部に瘤(こぶ)ができ、大きく膨らんでくる病気です。破裂すると激烈な胸痛や腰痛、大出血による意識障害などを起こし、突然死することもあるため、破裂前に治療を行うのが原則です。

従来はお腹を大きく切り開き、動脈瘤を切り取って人工血管に置き換える手術が一般的でしたが、ステントグラフト内挿術では、足の付け根を数センチ切るだけで、血管から細い管(カテーテル)を挿入して人工血管を患部に装着する「ステントグラフト内挿術」が取り入れられるようになりました。最小限の切開で済むため、体にかかる負担も少なく、手術時間も短時間で済みます。

ステントグラフト内挿術を行っている施設は筑後地区ではまだ少ないのが現状ですが、当院では心臓血管外科西田副部長のもといち早くステントグラフト内挿術を取り入れ、年間の手術実績等、認証に必要な基準を満たしたことで、実施施設としての認証を受けました。

≪プロフィール≫ 

           

西田佑児(にしだ ゆうじ)
高木病院 心臓血管外科副部長
金沢大学医学部卒業。
日本外科学会認定外科専門医 日本心臓血管外科学会認定心臓血管外科専門医
日本脈管学会認定脈管専門医 胸部・腹部大動脈ステントグラフト内挿術機種別実施医
金沢大学附属病院などで実績を積み、当院にて緊急も含めあらゆる新血管疾患の手術に対応。
近隣では数少ないステントグラフト内挿術の実施認可を得るなど地域医療にも貢献している。



 
臨床指標の公開
医師募集
初期臨床研修医募集
後期臨床研修医募集
職員募集
看護部のご案内
認定看護師
臨床試験「治験」のご案内
お見舞いメール



 
 
医療法人社団 高邦会 高木病院
〒831-0016
福岡県大川市大字酒見141番地11
電話 0944-87-0001
FAX  0944-87-9310