医療法人社団 高邦会 高木病院   高邦会ホームページへ
交通アクセス お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ HOME
高木病院について ご来院の方へ 診療のご案内 医療関係の方へ

ミャンマー、ベトナム、中国から視察団が来訪

2015年 5月01日 / お知らせ

3月24日(火)にはミャンマー、30(月)にはベトナム、4月20日(月)には中国から視察団が来日し、当院をはじめグループ内の各施設を見学しました。
ミャンマーからは、ミャンマー保健省のヤンゴン地域担当社会大臣のほか、国立リハビリテーション病院病院長およびドクター、ヤンゴン医療技術大学医療リハビリテーション学部の助教が来訪。ヤンゴン市内の病院でリハビリテーションの充実を図る計画があり、そのため当院の急性期リハや救急外来などを中心に見学および説明を受けました。見学を終え、大臣は、日本のリハビリテーション医療を実際に見て色々なヒントを得たので、検討して日本やタイを見本に計画を進めていきたいと話しました。

▼ミャンマーからの視察

 

 

 

ベトナムからはチョーライ病院の病院長、部長らが、予防医学部門立ち上げのため、人間ドックやメディカルフィットネスを中心に見学しました。検査や宿泊室などの設備・機器だけでなく、予約受付や外来と連携した情報システム、料金体系などにも関心を持ち、さまざまな質問がありました。

▼ベトナムからの視察

 

 

 

また、中国リハビリ研究センターからは、李建軍教授、センター長をはじめ約30名が視察に訪れました。同センターとは、以前から国際医療福祉大学の教員を中国に派遣し、2009年には福岡市で「日中リハビリテーションシンポジウム」を開催するなど深い交流があり、当院の視察も3回目となります。今回は医師やリハビリセラピストなどの若いスタッフが訪れ、急性期棟を中心に見学しました。

団長の李建軍教授は、「今回の訪問で、変化を追及するということが印象に残った。建物だけでなく、管理面やサービスの面でも変化しているのを見て、大きな刺激になった。これからの発展に繋げていきたい。今後も深く広い交流を期待します」と感想を述べました。

▼中国からの視察

 

 

 

国際医療福祉大学・高邦会グループでは、こういった海外からの視察や研修生の受け入れを行うなど、国際交流にも力を入れています。



 
臨床指標の公開
医師募集
初期臨床研修医募集
後期臨床研修医募集
職員募集
看護部のご案内
 看護師募集中!
認定看護師
臨床試験「治験」のご案内
お見舞いメール



 
 
医療法人社団 高邦会 高木病院
〒831-0016
福岡県大川市大字酒見141番地11
電話 0944-87-0001
FAX  0944-87-9310