医療法人社団 高邦会 高木病院    
交通アクセス お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ HOME
高木病院について ご来院の方へ 診療のご案内 医療関係の方へ

韓国からの研修生がリハ室を見学

2014年 1月10日 / お知らせ

韓国・建陽(コニャン)大学(大田広域市)の学生が、1月8日(水)と10日(金)、当院リハビリテーション室にて研修しました。
訪れたのは物理治療学科の3年生19名。物理治療士(理学療法士)を目指し勉強中で、今月6日(月)から17日(金)まで、国際医療福祉大学大川キャンパスへ、施設見学および学生交流を目的として来日しています。

 

初めに全体オリエンテーションとして当院の概要や特徴、リハ室の体制などについてPTの上田係長が説明し、リハ室内の施設・機器類を見学。その後2人1組に分かれてPT1人に付き、実際のリハ室での訓練や病棟までの送迎、ベッドサイドでの訓練等を見学しました。
全体オリエンテーションでは大学職員の通訳によりスムーズにコミュニケーションが取れていましたが、2人1組の見学では各担当PTが英語で説明。お互いなかなかうまく意志疎通ができず学生たちも緊張した様子でしたが、専門用語などは日韓共通のものも多いようで、「ROM(=関節可動域)」など授業で聞き慣れた単語が出てくると納得と安心の表情が見られました。音読みの漢字熟語なども発音が似た物が多く、時折会話の中で反応する場面も。また、スマートホンの翻訳アプリを使ってうまくコミュニケーションをとるグループも見られました。

 
 

最後の質疑応答では、1日の患者数・訓練の時間、PTの勤務体系、患者さんに拒否されることはないのかといった質問から、高木病院の特徴でもある「急性期」「超急性期」のリハビリや、病棟に出向いて日常生活にも介入するリハビリについてなど積極的に質問があり、日本のリハビリテーションの現状や急性期医療への高い関心がうかがえました。



 
臨床指標の公開
医師募集
初期臨床研修医募集
後期臨床研修医募集
職員募集
看護部のご案内
認定看護師
臨床試験「治験」のご案内
お見舞いメール



 
 
医療法人社団 高邦会 高木病院
〒831-0016
福岡県大川市大字酒見141番地11
電話 0944-87-0001
FAX  0944-87-9310