不妊センター トップに戻る
治 療

レスキュー・イクシー

卵子と精子をシャーレの中で一緒にしても受精卵を1個も得られず、採卵あたり10%ほど胚移植ができない場合があります。これを「完全受精障害」と言います。従来は体外受精の当日に完全受精障害を予測することは不可能で、体外受精で完全受精障害だった場合、次回の治療で顕微授精をお勧めしてきました。これは再び採卵から治療を進めなければならない患者様にとって、大きな負担となっていました。


しかし最近の研究で体外受精の当日中に、精子が侵入した卵子にのみ現れる現象を観察することで、早い段階で受精を予測することがある程度可能となりました。この受精予測の時点で完全受精障害が予測される場合には当日中に追加で顕微授精を行うことで、受精卵を得られる可能性を高くすることができます。


「rescue ICSI」を導入することで、安心して体外受精にチャレンジしていただけるのではないでしょうか。