不妊センター トップに戻る
治 療

精子凍結

ご主人が体外受精の採卵当日に出張で不在の場合のほか、精巣腫瘍で精巣摘出術や抗がん剤投与を予定、また血液疾患(白血病ほか)で大量の抗がん剤投与を予定など、精巣機能低下が予想される場合、治療前に精巣や精巣上体から採取した精子を凍結保存して治療の際に融解し使用することができます。