不妊センター トップに戻る
治 療

顕微授精・受精卵凍結・凍結胚移植

顕微授精は男性不妊、受精障害などの場合に行います。顕微鏡下で極細のガラス管を使い、卵子の中に精子1個を直接注入する方法です。顕微授精後、胚盤胞まで分割した胚を凍結保存し、後日凍結胚盤胞移植を行います。

受精卵凍結

以前は採卵し、受精・分割した胚を分割期で新鮮胚移植し、余剰胚を胚盤胞まで培養して凍結していました。
エンブリオスコープ導入により、受精率、分割率、胚盤胞達成率が向上したため、現在は体外受精や顕微授精で受精・分割した胚はすべて胚盤胞まで培養し、胚盤胞になったものを全胚凍結し、後日凍結胚移植を行っています。
受精卵凍結ができれば、1度の採卵で二人目、三人目のお子さんを授かることも可能です。




精液中に精子を認めない場合をいいます。
精巣や精巣上体には精子を認められる場合は、手術(専門の泌尿器科医院に紹介します)により直接取り出して凍結しておき、 後日顕微授精を行うことができます。
なおTESE・MESAなどの精巣手術により精子確保・凍結を受ける場合は、自治体から助成金が出る場合があります。お住まいの市町村の保健所・役所などにご確認ください。