不妊センター トップに戻る
治 療

体外受精・受精卵凍結・凍結胚移植

人工授精を数回試しても妊娠しない場合、卵管性不妊や子宮内膜症不妊、原因不明の長期不妊などの場合は、体外受精を行います。
これは成熟した卵を体外に取り出し、その一方で調整された精子と一緒にシャーレの中に入れます。
受精し、胚盤胞まで分割した胚を凍結保存し、後日凍結胚盤胞移植を行います。

受精卵凍結

以前は採卵し、受精・分割した胚を分割期で新鮮胚移植し、余剰胚を胚盤胞まで培養して凍結していました。
エンブリオスコープ導入により、受精率、分割率、胚盤胞達成率が向上したため、現在は体外受精や顕微授精で受精・分割した胚はすべて胚盤胞まで培養し、胚盤胞になったものを全胚凍結し、後日凍結胚移植を行っています。
受精卵凍結ができれば、1度の採卵で二人目、三人目のお子さんを授かることも可能です。