不妊センター トップに戻る
治 療

人工授精

子宮の入り口にある頚管粘液はバリアの働きをしているため、精子が子宮内に入りにくい場合があります。 排卵日にあわせて状態の良い精子を洗浄濃縮して、子宮内に注入し受精を手助けします。
採血、エコーで卵胞を計測し排卵日を予測し、人工授精日を決定します。 当日は採精室または自宅で採精した精子の調整後人工授精を行います。
調整時間には約1時間かかります。



図