不妊センター トップに戻る
治 療

治療の内容は人により様々です。卵管に問題が無ければタイミング法から始めます。 次に人工授精、体外受精や顕微授精へとステップアップしていきますが、状況により積極的治療内容を考えることもあります。

卵巣のエコー検査や採血によるホルモン検査により排卵日を特定し夫婦生活のタイミングを指導していく方法です。




排卵誘発剤
(卵胞の発育を促す薬です)
セキソビット錠
高プロラクチン血症 カバサール錠 (週1回の内服です)
糖尿病 メルビン