当院では不妊症、挙児希望のある方を対象に不妊治療としての内視鏡手術(良性疾患のみ)も行っております。 妊娠に備えて、子宮や卵巣のダメージをできるだけ少なくするように考慮したやさしい手術を心がけております。


子宮鏡について

不妊症の24%に子宮内膜ポリープが認められると報告されています。子宮内膜ポリープや粘膜下筋腫を子宮鏡下に摘出することは妊娠率を高めることがわかっています。
当院は体外受精などの生殖補助医療とともに、子宮にやさしい・妊娠しやすくするための子宮鏡下手術に1996年から取り組んでいます.

★最新の子宮鏡手術が外来でできるようになりました

一般的な子宮鏡検査は軟性鏡(ファイバースコープ)を用いた観察が主となります。手術が必要な場合は直径が大きな硬性鏡を使用するため、前日から子宮の入り口を広げる処置を行い、麻酔をかけて手術を行いますので入院が必要です。
当院では2015年に最新の細径硬性子宮鏡ストルツ社ヒステロスコープ「ベトキーTM」を外来に導入しました。

ベトキーを用いて子宮鏡検査を行っているため、内膜ポリープや癒着などの異常を認めた場合は、その場で子宮鏡下手術が行えるようになりました。単発性内膜ポリープの8割、多発性の3割、軽度の癒着は外来で切除が可能です。

細径硬性子宮鏡 ベトキーのメリットは?

検査と同時に治療可能
経腟超音波検査で異常が見られた場合に、すぐに子宮鏡検査で直接確認でき、必要があればその場で切除・摘出ができます。
前処置・麻酔 不要
子宮に入れやすい形状となっているため、事前に子宮の入り口を広げる必要がありません。生理食塩水で子宮を膨らませながら排水する構造になっており疼痛が少ないため、麻酔なしで処置が行えます。ポリープ切除は約10分と短時間で、切除に伴う痛みはありません。
リアルタイムに見られる
ハイビジョンデジタルCCDカメラにより高画質の映像が得られます。麻酔をしないため、患者さんは検査の様子をリアルタイムにモニター画面で見ることができます。
術後早期に妊娠可能
術後の出血はごく少量であり、術後の日常生活における制限はなく、避妊の必要もありません。
電気メスを使わない子宮にやさしい治療であるため、術後早期に妊娠することが可能です。

子宮粘膜下筋腫や子宮中隔など、電気メスが必要な手術は、入院での子宮鏡下手術となります。

ベトキーを用いた外来での子宮内膜ポリープ切除