不妊センター トップに戻る
培養室

培養室にはエンブリオロジストがいます。 エンブリオロジストは患者さまの大切な卵・精子をお預かりして、受精のお手伝いや受精卵(胚)の発育を見守り、お腹の中に戻すまでの間のお世話をします。

直接患者さまの対応をする医師や看護師と連携して、体外受精や顕微授精などの高度な技術を行うエンブリオロジストは、妊娠の成否に直結するたいへん重要な役割を担っています。

クリーンな空間

培養室は非常に清潔で綺麗な空間です。
クリーンな空気環境を整えるためにヘパフィルターを設置し、安定した空調方式を採用しています。
卵を扱う部屋はとても広く、接触による事故などを未然に防ぐためにスタッフの動線が重ならないような機器の配置にしています。また全体を見渡せるため、周りのスタッフの作業状況を把握することができ、連携をスムーズに行えるようになっています。

胚にやさしい培養環境

胚は体内と同じ環境が大切。胚の培養は、温度・湿度・酸素・二酸化炭素などが一定に保たれた培養器にて行います。
従来、胚の観察のためには一旦培養器から取り出し、顕微鏡で確認することが必要でした。胚が体外で受けた様々なストレスは、その後の発育にも悪影響を及ぼす可能性があります。
当センターでは、より胚にやさしい環境づくりを目指し、高性能新型培養器「エンブリオスコープTM」を導入しました。


「エンブリオスコープTM」とは?

エンブリオスコープは、培養器の中に高性能カメラが内蔵されており、培養中の胚を一定間隔で撮影し、それを連続再生することで動画として解析することができる、タイムラプスという技術を搭載した新型の培養器です。
当センターでは3台導入しており、採卵で得られた卵は全てこのエンブリオスコープにて培養しています。導入後、培養成績の向上が認められています。

どんなメリット?

胚へのストレス軽減
胚を外に出すことなく観察できるため、胚へのストレスが少なくなります。
正確な受精診断
受精の過程を動画として記録できるため、従来の受精確認時に正常受精と判断できなかった卵も、動画を見ながら振り返って確認が可能です。
1つでも多くの受精卵を確保することで移植のチャンスも広がります。
発育過程を詳しく解析
胚の発育スピードや分割のパターンなどを継時的に追うことが可能なため、より良好な胚を選択し移植することができます。妊娠率のさらなる向上につながります。

受精卵(胚)の発育過程

採卵して体外受精した日を0日目として、1日目に正常受精(前核が2個形成されている)を確認できれば、2日目に4細胞、3日目に8細胞、4日目で桑実胚、5日目で胚盤胞へと成長していきます。

不妊センター 培養室

1人の患者さまの一度の採卵で得られた卵であっても、卵1個1個の発育状態やスピードはそれぞれ違います。
エンブリオスコープで培養することで、専用のモニターで胚を常に観察することができ、胚の分割のタイミングやスピードも分かります。これにより、今までできなかった胚発育の詳しい解析ができ、より妊娠する可能性の高い良好な胚を選択し、移植することができます。

培養室の安全管理

培養室では、患者さまの大切な卵や精子を取り扱います。
卵や精子の取り間違えなどの事故を絶対に起こさぬよう、全ての作業において厳しいルールを課して業務を行っています。


ダブルチェックの徹底・事故防止

ダブルチェックはエンブリオロジストの業務の中で最も重要です。
ダブルチェックとは、卵や精子を扱う際に患者さまの氏名をエンブリオロジスト2人で同時に確認を行うことです。

私たちは必ず全ての業務を2人体制で実施しています。
例えば、卵を別のお皿に移動するとき、精子の調整を行うとき、卵が入っているお皿に精子を入れるときなど全ての作業工程で氏名をお互いに声に出し、視覚と聴覚で同時に必ず確認することを徹底しています。同姓や同名の患者さまがいる場合などは、氏名に色や印をつけるなどして確実に識別できるようにしています。

その他、1つの作業スペースにつき1人の患者さまの検体のみを扱うこと、卵子や精子を扱うガラス管は1検体、1作業ごとに必ず交換することなど、事故を防止するために様々な工夫をしています。


毎日の点検・アラームシステム

培養器は毎日の動作チェックと定期的なガスチェックを行っています。ガスボンベの残量チェックも欠かしません。
さらに、培養器監視システムを導入しており、スタッフがいない夜間などに培養器に何か異常が発生した場合、スタッフの携帯電話に知らせが届き、すぐにかけつけることが可能となっています。


地震・停電対策

培養器には床と横を固定するなどの耐震対策を施しています。また停電したとしても当院が設置する自家発電装置に切り替わるようになっているため、培養器の機能が止まることはありません。
2016年の熊本地震では当病院も強い揺れがありましたが、すべての卵を損傷することなく無事に培養継続できています。

エンブリオロジストの紹介

患者さまからお預かりした貴重な卵・精子を取り扱うため、エンブリオロジストには高度な技術と知識が要求されます。
当センターのエンブリオロジストは半数以上が日本卵子学会の認定する生殖補助医療胚培養士の資格を取得しています。
また、学会等にも参加・研究発表も行うなど、日々新しくなる技術や情報の収集も積極的に行っており、最新の医療技術を安全に患者さまへ提供できるよう日々励んでおります。


より多くのご夫婦が赤ちゃんを抱けますよう心をこめてサポートいたします