不妊センター トップに戻る
培養室

直接患者様の対応をするドクターと連携して、採卵後、体外受精や顕微授精など高度な技術をもって受精、卵の培養を行っているエンブリオロジスト達。高い妊娠率の実績の裏にはこうしたエンブリオロジスト達の活躍があります。

不妊センター 培養室      不妊センター 培養室



卵は体内と同じ環境が大切。培養室では卵が光に当たらないように暗い状況で作業し、酸素、窒素、二酸化炭素が調節された37度の培養庫に卵を保管。 多い時は100個の卵が培養庫に。毎日一つひとつの状態を観察する。 また、新型培養器「エンブリオスコープ™」を導入。さらなる妊娠率UPが期待できる。
まずは採卵の確認。次に精子を入れたシャーレの中に卵を入れる作業。 翌朝、核を見て正常受精しているかを確認。「エンブリオスコープ™」の導入により、培養器から外に出さずに受精卵を観察できるため、良好な受精卵発育環境を実現。
顕微授精で使用する極細のガラス管針はエンブリオロジストの手づくり。 頭部3マイクロの精子を入れるため、5、6マイクロの細さの管の針となっている。
顕微鏡で確認しながら極細のガラス管針を使って直接精子を卵の中に注入。エンブリオロジストの高度技術のみせどころ。
遠心分離機を使って動かない精子やいらない細胞を除去。 成長の良い元気な精子を見極めるのもエンブリオロジストの能力。
使わなかった卵や精子は次回の治療に使用するため凍結。一回の採卵で何度でも利用でき、患者さんの負担も少ない。



作業を行う時は必ず2名で名前を確認し、容器を手に持ったまま立ち上がったりせず、持って移動の際は通りを広く開けるなど、 事故やミスが決してないように最新の注意をはらっています。 顕微授精を行う瞬間というのは無心となって、持っている技術を発揮します。
当センターのエンブリオロジストは技術はもちろんですが、採卵した中から体外受精、顕微授精に使用する卵を見極める力や、受精卵の分割の様子を観察していく卵を見る力が優れています。

不妊センター 培養室